TOPへ戻る

マウスピース矯正

最新式矯正治療法:マウスピース矯正

従来、矯正と言えば、銀色の金具(ブラケット)と銀色の針金(ワイヤー)を連想し、治療中は見た目が悪く、人と話す時は、口元を隠したくなります。

治療期間中の口元のことを考えると、どうしても、治療する決心がつかず、矯正を受けなかった方も多いかと思います。

それを改善しようと、「透明なブラケットと白いワイヤー」「舌側(裏側)矯正」などができました。

しかし、これらは、違和感が強く、食事・会話・歯磨きがしずらく虫歯・歯肉炎(歯周病)になりやすく、粘膜を傷つけることもあり、針金(ワイヤー)交換時の痛みがあります。

そして、考えられたのが、透明なプラスチック製で、違和感が少なく、目立たず、痛い時、食事、歯磨き時に取り外しもできる最新式の矯正歯科治療法が「マウスピース矯正」なのです。

さらに、マウスピースの中にホワイトニング剤を入れれば、歯並びだけでなく、歯を白くすることもできるので、美しい口元を獲得できる画期的な矯正法です。

マウスピース矯正のメリット(利点)とデメリット(欠点)

メリット
  • 針金、金具などの装置がない
  • 治療期間中の見た目が良い
  • 違和感がなく、話しやすい
  • 取り外しができる
  • 痛みがほとんどない
  • 歯磨きが楽
  • 食事が楽
  • ホワイトニングが同時にできる
  • 毎回の治療時間が短い
  • 金属アレルギーの方もOK
  • 後戻りの対処が簡単
  • 費用が安い
デメリット
  • 患者さんの協力度(装着時間)により治療期間が変わる
  • 全ての症例に適応できるわけではない
  • 一時的にワイヤーや、拡大床(床矯正)インプラント矯正など他の方法を併用する場合もある。

マウスピース矯正に適した方

  • 矯正をしているのを他人に知られたくない方
  • 気になるのが前歯のみの場合(見た目重視の歯並び改善)
  • でこぼこの歯並び(叢生、乱杭歯)
  • すきっ歯
  • でっ歯(重症時、適さないこともあります。)
  • 矯正後の後戻り
  • 成人矯正
  • ホワイトニングを含め、口元をトータルできれいにしたい方
  • 痛がりな方
  • 人前で話すことが多い方
  • 金属アレルギーの方
  • 費用を抑えたい方
初診時 6ヵ月後
初診時 6ヵ月後

マウスピース矯正が適さない方

  • 奥歯を大きく動かす場合
  • 重度の歯列不正(外科処置が必要時)
  • 顎関節症・不定愁訴がある場合

マウスピース矯正でも種類があり、注意点があります

6ヵ月後

術前の模型から最終段階まで、一気に製作してくるタイプは矯正治療途中に、虫歯治療や外傷など事故によりかぶせ物を変えるなどをして、歯の形が変わると、そのあとに使用するマウスピースが使えなくなる可能性がありますので、ホームケアは細心の注意が必要です。

当院では、毎月、型を採り、2~3個ずつ製作するため、上記のようなことはありません。

他の矯正方法とマウスピース矯正の比較

            種類                 ブラケット矯正             舌側矯正         マウスピース矯正
見た目 歯の表に
装置と針金がつき
目立つ
歯の裏に
装置と針金がつき
見えない
透明な装置なので
目立たない
外すことも可能
取り外し × ×
装着感・話しやすさ × ×
虫歯・歯肉炎 なりやすい なりやすい なりにくい
歯磨きのやり易い × ×
食べやすさ × ×
ホワイトニング 矯正治療終了後 矯正と同時可能な
場合もあり
矯正と同時可能
適応症例の範囲
費用 低~中

マウスピース矯正の費用

マウスピース矯正  
片顎 35万円
上下顎 55万円   各調整料 5,250円(月1回)
マウスピース矯正+ワイヤー矯正 併用  
片顎 45万円
上下顎 75万円    各調整料 5,250円(月1回)