TOPへ戻る

矯正歯科治療

矯正歯科治療の流れと料金について

第1回:初診相談

初診相談では口腔内の診査を行い、不正咬合の説明や矯正治療の一般的な内容についての説明をさせて頂きます。

初診相談料 無料

第2回:初診相談

不正咬合の状態を正しく知るために、歯型・口腔内の顔や写真・レントゲン撮影など必要な検査を行います。また、大学病院でのレントゲン撮影も必要となります。

精密検査料 30,000円
大学病院でのレントゲン撮影料 15,000円

第3回:診断(検査結果の報告)

精密検査からの約1ヶ月後、診断結果に基づいて治療方法、治療期間、治療費、使用する装置などについて説明させていただきます。

診断料 無料

第4回:矯正治療開始

矯正治療は治療時期、治療内容によって第1期と第2期に分けて進めていきます。

初診相談料 無料

 

第1期治療(初期治療)

乳歯から永久歯に生え変わるまでの矯正治療で、良好な咬合が形成されるように誘導する咬合育成の治療です。この時期は旺盛な成長発育があるので比較的単純な装置で歯の位置や、顎骨の位置関係の改善を行います。

第1期矯正治療費 300,000円
調整料 3,150円/回

第2期治療(本格治療)

永久咬合がほぼ完成し、大きな成長の発育が過ぎてから、厳密に歯を動かして良い咬合を形成するための治療です。

第2期矯正治療費 700,000円
調整料 5,250円/回

床矯正装置

床矯正装置

乳歯列~混合歯列期
(全ての歯が永久歯になるまで)に使用します。

料金

1装置 80,000円(税抜)
調整量 3,000円(税抜)1回

顎の成長の程度、歯の生え方により、極力修理して変えていきますが、新製作する必要がでてくることがあります。但し、矯正第1期治療の全額(¥300,000)を超えることはありません。

口腔育成(矯正第1期治療・床矯正)だけで全ての場合が正常な永久歯列になるわけではありません。

  • 3分の2⇒正しい永久歯列へ
  • 3分の1⇒不正咬合の程度は軽減しますが、矯正第2期治療が必要になります。

矯正価格

小矯正

挺出(エキストルージョン) アップライト
1歯3万円 1歯5万円

各調整料3,000円(税抜き、月1~2回)

前歯審美矯正(臼歯部は動かしません)

マウスピース矯正のみ マウスピース+ワイヤー併用
35万円 片顎45万円(上下顎側75万円)

各調整料5,250円(月1~2回)