TOPへ戻る

土台の種類

土台について

土台=コアです。神経をとってしまった歯はもろくなっていますので、その補強のために土台をいれ、そのあとでかぶせものをします。
健康面・見た目・長持ち・費用のうちどれを重要視するかによって、合った土台が分かります。

 

1. 健康面

金属アレルギー・咬み合わせ・細菌付着性・歯根破折

2. 見た目

自然の美しさ・変色・歯肉や隣の面との調和

3. 長持ち

虫歯になりやすい・丈夫

4. 費用

保険適用内・自費
健康面 見た目 長持ち 費用
ファイバーコア

ゴールドコア

レジンコア

パラコア

銀合金コア
ファイバーコア

ゴールドコア

レジンコア・パラコア

銀合金コア
レジンコア

銀合金コア

ファイバーコア

ゴールドコア

保険適用内の治療

メタルコア

1. メタルコア(銀合金)

メタルコアは保険適用範囲内のため、患者さんの負担費用は少なめです。
一方でデメリットで金属イオンが溶け出し、骨や歯肉が黒く色素沈着するため、歯肉の黒ずみが気になる方、金属アレルギーの方には不向きであり、また、金属は硬く、たわまないため、根が破損しやすいという特性があります。

色素沈着の例 根が破損しやすい例
色素沈着 歯根破損

 

レジンコア

2. レジンコア(プラスチック)

保険適用範囲内です。
歯質が2/3~3/4以上残存している時に可能。

 

保険適用外の治療

レジンコア

ファイバーコア

弾性は天然歯に近く、たわみ屈曲しながら力を分散するため、歯への負担を大幅に軽減し、また高い破損への強さを発揮します。金属アレルギーの心配がありません。金属イオン溶出による歯肉の色素沈着防止。再治療時にも歯質を傷めずに除去が可能です。

透過光による比較

レジンコア

メタルフリーコアにより、歯肉や歯冠部に金属色の透過がないため、色調に影響を与えにくく、より天然歯に迫る色調再現が可能です。