TOPへ戻る

治療法について

つめる治療法:型どりなし

初期の虫歯に行う治療で、虫歯の部分を削り、その場でつめる方法です。

回数:1回(無症状時)

型をとらないので1回の通院で治療できます。 

虫歯の程度:軽度

初期の虫歯に行います。

適応:範囲の小さい場合

前歯 歯の1/3~1/4
奥歯 歯の1/3~1/4(隣の歯との間に及ばないもの)

保険適用内での治療

アマルガム

鉛色 特徴
  • 歯肉、歯根の黒ずみがでる
  • 古いタイプは水銀が含まれているため、人体に有害
  • アメリカなどでは問題となっている材質で、当院ではお勧めしません

ノンメタル治療について詳しく見る


コンポジットレジン

歯の1/4以下 特徴
  • 白いため金属より目立たない。
  • 経済的です。
  • 合成樹脂で磨耗しやすい。
  • 吸水しやすいため数年後変色し口臭の原因になることがあります。
  • ホワイトニング色がない。
  • 3色

 

保険適用外の治療(自費)

ハイブリッド

超審美性光重合型修復用ダイレクトコンポジットレジン
前歯に最適 特徴
  • セラミックスとプラスチックの高分子化合で変色が少ない。
  • 深さに応じた色があり3~4層積み重ねるため、天然歯に近い色が出せます。
  • ホワイトニング色にも対応
  • 10,500円

前歯に最適


自然感あふれる全40色の審美的な色調を備えた、口腔内でダイレクトに即日、審美修復ができるマイクロハイブリッドコンポジットレジンです。

はめる治療(インレー)

軽度・中度のむし歯に行う治療で、虫歯の部分を削り、つめものを作ってはめ込む治療法です。

回数:3回(無症状時)

型どりあり(奥歯)

はめる治療

保険適用内の治療

銀歯(パラインレー)

金銀パラジウム合金・銀合金のことをいい、一般的に割合が12%金・40%銀・20%パラジウムの他、銅・亜鉛などを合わせた合金の詰め物。

特徴
  • 保険適用の材料となります。
  • 日常生活において、不自由はありません。
  • 個人差はありますが、長期間で変色・腐食することがあります。また歯ぐきが黒ずむこともあります。

 

保険適用外の治療

セラミックス

オールセラミックス(E-MAX)インレー

メリット・デメリット

メリット
  • 自然の歯に近い透明感のある色と硬さ
  • ほとんど変色しない
  • 2次的な虫歯になりにくい
  • 金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーにならない
デメリット
  • 強い衝撃を与えると割れることがある
    (歯を守るというメリットでもある)
  • クラウンは症例が限定される
    (大臼歯を除く1歯欠損3本Brのみ適応)

料金

インレー 63,000円
アンレー 73,500円

 

セラミックス

ハイブリッドセラミックス~ハイブリッドインレー
(グラディア)

メリット・デメリット

メリット
  • 自然の歯に近い色と硬さ
  • オールセラミックより安価
  • 2次的な虫歯になりにくい
  • 金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーにならない
デメリット
  • 時間が経つと多少変色する
  • すり減りやすい(歯を守るというメリットでもある)

料金

ハイブリッドセラミックス
~ハイブリッドインレー (グラディア)
19,950 円

 

セラミックス

金合金(ゴールドインレー)

メリット・デメリット

メリット
  • 銀歯に比べ金属アレルギーになりにくい。
  • 天然歯に近い硬さのため、かみ合わせる相手の歯にも優しい金属で奥歯に最適です。
デメリット
  • 見た目が金属なので審美性に劣ります。

料金

金合金(ゴールドインレー) 31,500 円