TOPへ戻る

インプラント治療とは

インプラント治療って何?

インプラント治療って何?

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
入れ歯と違い固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。

インプラント治療の例①

歯を一本失った場合

症例

治療方法

失った部分にインプラントを1本埋入します。
従来は、健全な両隣りの歯を削ったり、神経を抜いたりしてブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことができます。

インプラント治療の例②

歯を複数本失った場合

症例

治療法

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。
入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。

症例 症例

インプラント治療の例③

歯を全部失った場合

症例

治療法

従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。
この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。