TOPへ戻る

現在のインプラントの問題点

1.出血・神経マヒ対策が不十分

CT撮影を行わない手術は危険

インプラント治療では、太い血管や神経の近くに長いインプラントを埋めています。
その神経や血管が傷ついてしまうと痛み痺れが残る可能性があります。
そのため綿密な検査と説明が求められるのですが、CTの撮影をせずに埋入しているケースが少なからず存在します。

当院では安全のため、入念な精密検査を行います

出血・神経マヒ防止のために当院では、通常のレントゲン以外に大学病院でCTを必ず撮影して、放射線科の医師と連携し血管・神経までの距離と骨幅を限り無く正確に測定し、太い神経・血管とインプラントの距離(安全域)を通常よりもさらに1~3mm多くとってインプラントを埋入しています。

安全で丈夫なインプラント

当院では安全のため、入念な精密検査を行います

安全性を高めるために少し短いインプラントを埋入するため骨と接触する表面積が減ってしまい、上手くインプラントが安定しない場合があります。

そのため当院では
  • インプラントを太くする
  • 通常のインプラントよりも表面積の多いものを使う
  • 本数を増やす

等の対処を行うことで、安全で丈夫なインプラント手術を可能にしています。

■患者様へのお願い■

インプラント治療を安全・確実に行なうためにCT撮影(場合によって血液検査)を面倒がったり節約しようと考えないで、必ず受けてください。 当院ではCT撮影(場合によって血液検査)を拒否された方はインプラント治療はお断りしていますのでご了承ください。

2.患者さんに負担の大きい骨移植

肉体的、精神的、経済的に負担が大きい

骨が吸収して高さや幅が無い時に、すぐ骨移植(GBR)をする傾向にあります(手術回数が多くなり成功率も落ちる)。
骨移植はインプラントを入れる事よりも痛み・腫れを伴い、身体的・精神的・経済的にも負担が多いため当院では極力患者様のためには行なうべきではないと考えています(どうしても必要な場合はあります)。

当院の対処法

移植をなるべく避けるために 骨を呼び込む力があるインプラントを選んで使い、埋入する位置を工夫し、骨を増やしています。 チタンの表面にハイドロキシアバタイトという骨誘導機能を持つ材質をコーティングしてあるインプラントと、生物学的理論にもとづき、骨を増やします。

また、骨幅が狭い場合にも別の治療法を行っています。

通常 骨を移植して外側へはり、そこにインプラントを入れる。
当院 特殊な器具を使い骨の内側から押し拡げ、骨を圧縮し、密度をあげてからインプラントを入れます。

歯肉を切開する量や骨を削る量が少ないため、痛み・腫れも少なく、安全で確実です。

当院の対処法


ドリル無しのインプラント

ドリル無しのインプラント ドリル無しのインプラント

ドリルなしのインプラント「OAMインプラント」を使用しています(名古屋市立大学医学部講師 大口弘医学博士考案)。

最初の1回のみ、数秒ドリルを使うのみで、あとは手用器具でサイズをあげ、振動もなく、骨の穴を拡げ(幅も)、骨密度もあげられるため、 怖がりの人、骨粗鬆症の人に最適なインプラント法で、骨移植、GBRなどをしなくてもインプラントを行なえる場合が多くなりました。

この方法により、インプラント手術がより快適なものに改善され、苦痛なく確実に手術が受けられるようになりました。(骨が硬い人は適用できないこともあります)