TOPへ戻る

当院のインプラント治療メリット

綿密な検査と分析

安全・確実な手術のために、CT・模型で分析し、インプラント埋入方向を細かく決定した手術ガイドをつくり、さらに手術前に模型上で試してから本番の手術を行なっています。
また、当院ではインプラントレポートを配布しています。

① 診断レポート ② ステント ③ CT分析

2,負担の少ない治療法

患者様にとって身体的・精神的・経済的負担の少ない治療を行っています。。

1.骨幅が狭い時

通常 骨を真ん中で割り、骨のみで叩いて拡げ、骨移植し膜をのせます。(スプリットクレスト法)
当院 特殊な器具を使い、徐々に手用で負担のないように拡げます(ドリルなしで)。骨移植も必要なく治療期間も半分に短縮されました。(OAMインプラント) 経済的にも負担がかかりません。

2.骨量が少ない時

通常 膜を張って骨をあつめていました。(GBR法)膜を使用すると、身体的・経済的な負担がかかります。
当院 埋める場所を少し変えることにより膜なしで十分骨ができるため、なるべく膜なしで行なっているため成功率も高いです。

※第一選択ではありませんが、GBRしなくてはならないこともあります。

3.抜歯と同時にインプラントを埋入もしています。(抜歯即時インプラント)

通常 抜歯後、数ヶ月から半年くらい待ってからインプラントを埋める(骨は治るが量が減る)。 
当院 抜歯と同時にインプラントを埋め込めるので手術回数が減り、治療期間が短縮され負担が減りました。(専用のインプラントを使用しています。)
抜歯直後の方が傷を治す力が盛んでインプラントを埋めた後も治りが早く、骨が減るのを防ぎます。

 

4.上の奥歯付近に骨が少ない時

通常 サイナスリストといって、上顎洞を持ち上げ、他から骨をもってきて埋め込みますが、術後の腫れ・痛みも強く、長く続き、非常に負担がかかります。 
当院 ソケットリフト フロアエレベーションという方法で、痛み・腫れを少なく、十分成果をあげています。

 

ドリルを使わないインプラント

ドリルを使わないインプラント

当院では手術に対し、恐怖や抵抗ののある患者様に最適な、ドリル無しのインプラント方法を行なっています。

通常 ドリルを何種類も変えながら穴を大きくしていくため、ドリル特有の振動がある。
当院 最初の数秒のみドリルを使うがその後は特殊な器具を手用で丁寧に振動なく徐々に拡大し快適に、苦痛なく手術が受けられる。(OAMインプラント)

※ただし、骨が硬い時はドリルを使用します。

無料カウンセリング

無料カウンセリング

初診時、無料カウンセリングを行なっております。
この時に患者様のお口の状態、お困りの点、などをすべてお聞きします。
レントゲン、検査なども無料で行なっております。
それとともに丁寧に状態とおおまかな治療計画、インプラントの注意点、流れをご説明させていただき、納得いただいた上で治療に入ります。
カウンセリングのみ受けられて、実際治療されなくても全然構いませんのでお気軽にお電話ください
「インプラント無料カウンセリング希望」と伝えてください。

安心の保障制度

インプラントを骨に埋めてから、かぶせもの(上部構造)の破損について5年間の保証がありますので安心です。

モニター制度

当院では、より多くの人にインプラントの良さを感じていただくために、そして少しでも患者様の負担を減らすためにモニター制度をおこなっています。

医療費控除

インプラントの治療費は医療費控除の適用になりますので医療費控除を利用するかしないかではかなりの負担額が違ってきます。
当院では患者さんのご負担を少しでも減らせるよう、徹底した説明を心がけております。

リーズナブルで種類豊富なインプラント

リーズナブルで種類豊富なインプラント

当院ではお客様の負担が少ないよう、できるだけ費用を抑えた価格で提供させて頂いています。

  • 現在4種類のインプラントを使用しています。
  • かぶせもの(上部構造)も豊富な種類があり、患者様に最適な品を選んでいただけます。

定期的なメンテナンスサポート

インプラントに虫歯はありませんが歯周病はあります。これにかからなければずっと持ちます。
インプラントは異物なので天然歯よりもデリケートなため、3~4ヶ月に一度、お口の中のクリーニングと定期的なチェックが必要です。
当院では、インプラントは一度埋めたら終了ではなく、一生患者様のお口の中の健康が保てるようにサポートしていきます。