TOPへ戻る

歯周病菌と女性ホルモン

歯周病菌は女性ホルモンが栄養源

「子供を一人生むたびに歯を一本失う」という話を聞いたことがありますか?

歯周病菌は女性ホルモンが栄養源

妊娠・出産は口の中に悪影響を及ぼします。
歯周病菌は、女性ホルモンを栄養源とするからです。
女性の口の中の健康状態は、ライフステージに応じて変化します

女性ホルモンの分泌の変化が口の中の血液環境やプラークの中の細菌などを敏感に反応させるからです。 歯周病は若い女性がかかりやすいという報告もあります。

妊娠中は歯肉炎の細菌が増加

妊娠中は出血しやすくなります。歯と歯茎の隙間から染み出る、エストロゲンが妊娠により増加することで、歯肉炎の細菌が異常増殖してしまいます。
この菌はもともと口の中の粘膜などにいる害のない細菌ですが、あまりに増えすぎると悪い働きを及ぼすようになります。
また、出産と歯周病との関係で言えば、歯周病菌を撃退する免疫反応として分泌されるサイトカインが羊膜を破壊し、早産の原因になったり、低体重児の出産に繋がるとの報告もあります。

女性ホルモンが深く関わっています!

閉経後は、女性ホルモンの分泌が減少することで骨粗しょう症にかかりやすくなります
歯を支える歯周組織の破壊を加速させてしまうこともあるんです。
更年期を迎えるとホルモンのバランスが崩れ、歯周病が大きく進行します。
更年期障害や骨粗しょう症の治療にはエストロゲンなどが用いられますが、その副作用で歯肉の健康が損なわれるケースがあります。