TOPへ戻る

歯周病処置の流れ(軽度)

軽度歯周病治療の流れ

1.見える歯石の除去

見える歯石の除去

歯肉の腫れ、出血や膿の有無、歯の動揺をチェックした後、見える歯石の除去にとりかかります。 一度での歯石除去は、治療後「しみる」ことが多く出血で見え辛く危険なため、複数回に分けて処置します。

2.見えない歯石の除去

見えない歯石の除去

症状の程度によりますが、1~6回の麻酔を使用し治療する可能性があります。
歯石を取った後に起きる症状として、歯茎の中にいる細菌を刺激して、腫れたり痛くなったり急性症状が出ることがありますのでその時はすぐにご連絡ください。
極軽い歯周病の場合であれば必要のない可能性もあります。

3.症状に合わせた処置

消毒+投薬又は麻酔をして悪血や膿みを出します。
(ヤニ、茶渋などの除去は病気では無い為、処置を行う場合は保険が適用されません。)

4.虫歯チェック、フッ素塗布

虫歯チェック、フッ素塗布1 虫歯チェック、フッ素塗布2 虫歯チェック、フッ素塗布3

磨き残しチェック、ポリッシング及び歯ブラシ指導により今後歯周病にかからないためのアフターケアをきっちりと行います。

5.定期健診

4~5ヶ月後に定期健診を受けていただきます。