TOPへ戻る

小児歯科

当院の小児治療の考え方

大人の治療と異なる点

大人の治療と異なる点として、以下のようなことが挙げられます。

  • アレルギーのお子様が増加している。
  • 歯科恐怖症になりやすい。
  • 唾液が多く滑りやすく、動くことが多いため誤飲などしやすい。
  • 集中できる時間が短く、動きやすいため、口の中を傷つける恐れがある。
  • 歯が柔らかいため、摩耗しやすく、つめたところがはずれやすい。
  • 神経が大きいため菌が到達しやすく神経が炎症おこしさらに、進むと神経が死んで膿の出口をつくりやすい。
  • 本当の痛みの程度、場所がわかりにくい。
  • 体が成長しているため、変化が早いので、早めの定期チェックが必要

以上の理由から、当院では、歯以外のリスクを考慮し、極力、最小限の治療に止める考えでおこなっています。 
具体的には、以下のようにしています。

乳歯抜歯

自然脱落を第一選択とし、後続の永久歯の邪魔な時は抜歯を検討していただいています。
膿の出口がある時・生え換わりが近い時は根の治療はせずに、定期チェックし、 時期をみて、抜歯するか、自然脱落を待ちます。
乳歯の根の吸収があまりすすんでいない時は、神経の処置をするか検討していただいています。

虫歯が大きく神経まで 到達している可能性がある時

多少しみる位なら保存しますが、極力、神経を保存する薬を置き、様子をみます。
痛みが強い時は、神経の処置を検討していただいています。
神経の処置がスムースにいかない時は、神経を殺すお薬を使わせていただきます。

神経に到達していない虫歯

深い時は、全部虫歯の層をとるのではなく、一部残し、薬でその層を除菌して、埋めます。
この方法が最新で、神経を保存できる可能性が高いのですが、つめたものがとれやすい欠点があるので、定期的なチェツクは欠かせません。
つめるものは、誤飲時に危険性の低い金属でない樹脂を第一選択にしています。

ご両親・ご家族の方へ

実際、治療を受けるお子様の心の準備ができていない状態で、治療を無理にすると歯科治療に対して恐怖・不信感につながり、虫歯等の症状が軽度な時に来院できず、結果的にお口の中が良い状態に保てないことが多々ありますので、注意が必要です。

お忙しい中、お子様を何度も来院させるのは、大変でしょうが、
小児の治療は「慣れさせ、恐怖感を取り除き、信頼してもらう期間」が必要です。

また、大人の治療とは違い治療が予定通り進まないことや、本来やらなければいけない治療ができず、早めの定期的なチェックで経過観察とさせていただくこともありますことを、ご了承ください。

当院のお子様への虫歯治療について

歯医者さんが苦手なお子様でも安心して治療を受けられる環境作り

1. 大切なのは信頼関係

小児の虫歯治療の当院の取り組み

初めて診療を受けられるお子様、歯医者さんが苦手なお子様に対し当院では、徐々に信頼関係を築いていく事を心がけています
まずは診療台、機械に慣れて頂きながらコミュニケーションを取り、信頼関係を少しずつ作っていきます。 無理矢理治療をしてしまいますと、お子様はまず口をあけてくれません。信頼を得るまでは歯ブラシ指導やフッ素塗布などの痛くない治療から徐々に始めていきます。慣れてきたら浅い虫歯、深い虫歯の、神経治療などの治療に進んでいきます。

神経治療について詳しく見る

2. お子様の体への配慮

お子様の活発な生体治癒力をひきだすために、むやみに神経を傷つけないために、水酸化Ca、3Mixmp等で極力神経保存をしています。

神経を傷つけない治療法3MIX法について

3Mixmpについて

加えてアトピーや金属アレルギー、誤飲、見た目の美しさを考慮して金属のつめ物(インレー)をなるべく入れないで済むように治療を心がけています
(どうしても欠けてしまったり、取れてしまう様な時は除きます)

3. 最新の無痛治療の導入

お子様の体の痛み、精神的な恐怖心をできるだけ取り除くために無痛治療、最新治療(3Mixmp、カリソルブ)を取り入れています。  

治療法

無痛治療について

3Mixmpについて

カリソルブについて

また、がんばったお子様へのささやかなご褒美も用意してあります。

小児の虫歯治療について

治療の流れ

小児の虫歯治療の場合、GI(グラスアイオノマー)とCR(コンポジットレジン)と呼ばれる詰め物を虫歯の規模によって使い分けることになります。
GI(グラスアイオノマー)は神経に優しく外れにくいため、重度の虫歯に適しています。
一方でCR(コンポジットレジン)は強度があり見た目の美しさが保ちやすいという特徴があり、軽度の虫歯に良く使用されます。

治療前 治療後
小児の虫歯治療について治療前 小児の虫歯治療について治療後

虫歯が小さい場合・大きい場合の治療法

虫歯が小さい場合

虫歯が小さく軽度の場合はまずCRでの処置を行います。様子を見てもしも欠けたり外れてしまった時は再度CRの処置を行うか、安定しない場合によってはGI又はインレーによる処置を行います。

虫歯が大きく深い場合

虫歯が深く大きい場合、初めからGIによる処置を行う事があり、その後の経過を見て、もしも安定しないようであれば再度GIによる処置又は金属のインレーによる治療を行います。

小児は唾液が多く接着力が弱まったり、乳歯と永久歯では構造が異なり接着しづらいため、大人より詰め物が外れやすい傾向にあります。また、治療に協力的なお子様の場合詰め物の耐久性は高くなります。

虫歯予防処置について

虫歯予防処置の流れ

虫歯予防処置について

虫歯の治療が終わったからといって安心して油断してはいけません。
同じ生活をしていれば治療した歯もまだ健康な歯もたちまち虫歯になってしまいます。 ここではそれらを未然に防ぐための予防についてご説明させて頂きます。
当院では虫歯予防処置を以下の流れで行っています。

  • 虫歯の処置が終了
  • 右(左)側の奥歯をシーラント
  • 別の日に前回と反対側の奥歯をシーラント
  • 染め出し
  • 歯ブラシ指導・前回の咬み合わせチェック
  • ポリッシング
  • フッ素塗布

右と左の歯を別の日に分けてシーラントを行います。治療をしていない方を基準として高さを判断するためです。大人でも1本の歯を治療して高さがよくわからなくなる事が多いので、4本まとめて治療を行う事は咬み合わせの問題上とても危険です。
歯の高さが合わないと歯を傷めたり、顎の関節のズレの原因になってしまいます

虫歯予防-シーラント

シーラントってどんなもの?

シーラントってどんなもの?

虫歯を予防するために、歯ブラシやデンタルフロスを使用することはとても大切ですが、これらだけで完璧に予防することは難しいでしょう。 歯みがきの難しい「奥歯のみぞ」は、食べカスやばい菌がたまりやすく、ムシ歯に大変なりやすいと言われています。 「シーラント」はこの「奥歯のみぞ」を埋めてムシ歯菌を防ぐ材料です。

シーラントとフッ素

シーラントとフッ素

「シーラント」には歯を強くして、ムシ歯菌から守る「フッ素」も入っています。
シーラントは非常に簡単な処置で虫歯になりにくい歯を作ることができます。

虫歯予防-フッ素

フッ素の働き

フッ素(元素記号F)は、塩素や要素などと同じハロゲン族元素のひとつです。
フッ素を歯に作用させると、歯の表面から取り込まれて歯の結晶(アパタイト)の一部となります。
フッ素を含んだ歯の結晶は普通の歯の結晶よりも丈夫になり、虫歯菌の出す酸に対してより強くなります
ですからフッ素を適切に使うと、歯の表面が強くなり、虫歯になるのを防ぎます

フッ素の働き フッ素は口の中の環境(プラーク・唾液)と歯に働きかけます。
フッ素が歯を守る! 酵素作用、抗菌作用に加えて強い歯の結晶を作り、再石灰化を促します。
再石灰化が促進されると、ごく初期の虫歯なら自然に再修復してくれます。

 

フッ素の安全性

フッ素が含まれている食材

フッ素は、自然界の物質で私たちが毎日食べるものの中にも含まれています。
しかしフッ素は、塩と同様で、からだに必要なものでありながら、大量に摂取すれば害になることがあります。

 

フッ素の応用方法

フッ素塗布

歯科医院で行なっています。
定期検診にあわせて、3~4ヶ月ごとに行なうことをおすすめします。定期的に塗布しないと効果がありません。

はみがき・洗口

フッ素入り洗口剤で口の中をすすいだり、フッ素入り歯磨き剤をつけて歯みがきします。毎日続けることで効果が出ます。キシリトールなどを使用。