TOPへ戻る

神経治療について

神経処置の流れ

神経処置は一番回数がかかるためイヤになって中断するのが最も多い治療ですが根気よく通院してください。
中断されると抜歯になるケースが多いので要注意です。
通常時ですと前歯の場合約3~5回臼歯の場合約5~8回の治療が必要となります。

通常時の神経処置1通常時の神経処置2

通常時の神経処置

針金のサイズや薬を変えながら、神経の管を綺麗にします。
前歯は約3~5回、臼歯は約5~8回

 

実際の処置

ゴム製の薬を詰め、薬の状態をレントゲンで確認 ゴム製の薬を詰め、薬の状態をレントゲンで確認 1回目 ゴム製の薬を詰め、薬の状態をレントゲンで確認
2回目 土台の型を取る
金属の土台を入れる 3回目 金属の土台を入れる
4·5回目

削って形を整え型をとる

金属の被せ物を入れる(仮付け、本付け) 6·7回目 金属の被せ物を入れる(仮付け、本付け)

症状が重い場合や特殊な場合

以下の様な症状がある場合、症状が改善もしくは緩和するのを待たなければならず治療回数がどの位なのかを判断することが難しくなります。

1.根の先(顎骨)に膿の袋があり、血や膿が止まらない場合
根の先(顎骨)に膿の袋があり、血や膿が止まらない場合
2.神経が複雑で、細かい神経まで薬の効果がでにくい時
神経が複雑で、細かい神経まで薬の効果がでにくい時
3.根が曲がっている場合
根が曲がっている場合
4.外科処置が必要な位炎症が大きいとき
外科処置が必要な位炎症が大きいとき
5.咬むと『痛い・ひびく』の症状が強いとき
 
6.歯周病との合併症
 

よって2~3ヶ月、処置して効果が無い場合は、その段階での症状の重さに合わせて治療法が異なってきます。

強い症状の時
  • 根の掻爬
  • 根の切除
  • 抜歯
普段は無症状又は弱い時
  • この薬を根の先からだして固いセメントでフタをし、数ヶ月経過観察
  • 使えるところまで使う
  • 抜歯などの外科処置

神経処置中、後によくある質問

Q1. 咬むと痛みがあるのですがどうしてか?

神経処置中、後によくある質問

これは根の先で神経をねじ切ったため傷口となっており、歯に力が加わると傷口が刺激されるためにおこります。
そのためなるべく歯に負担がかからないために低くしてありますので、固い食べ物はしばらく避けてください。
この痛みは1週間から1ヶ月で消失しますが、圧迫感・ひびく感じは残ってしまうことがあります。
また、歯の周りの歯根膜や根の先に炎症を起こしている場合、痛みが取れない場合があります。 その場合は医師に相談して下さい。

Q2.神経を抜いたのに何故痛みを感じるのか?

神経を抜いたのに何故痛みを感じるのか?

歯の中の太い神経を抜いただけで、歯肉・骨など歯の周りの組織には神経があるため痛みを感じます。
また神経は複雑な形態をしているため、手用器具ではレントゲンに写らないような細い複雑な部分はとれず、薬によって神経を殺します。この時の刺激によって痛みを感じることがあります。

その他に痛みの原因と考えられること

  • 根の先に炎症があるため
  • 根の先を薬品、器具、細菌で刺激したため
  • 過剰神経があるため
  • 歯、歯根に亀裂が入っているため
  • 歯周病から感染しているため
  • 失活剤(神経を殺す薬)により内圧上昇をおこしたため

Q3.咬むと「ひびく」、「違和感」がとれない時は?

根の先に膿の袋ができたり、炎症により膜(歯根膜)が破壊されるなどし、咬むと圧通、違和感、ひびく等の後遺症が残り健全な歯と同じ状態に回復しないことがあります。
よってその後遺症が普段の食生活において師匠があるレベルかどうか経過を見ていただき、その歯を使っていくか判断していきます。

Q4.治療が長いがいつ終わるの?

治療を終えるためには以下の様に症状が止まる必要があります。

  • 神経の中に「出血」、「膿」などの汚れが無い
  • 晴れが無くなる
  • 何もしない状態で痛みが無くなる
  • 咬んだ時に「痛み」、「ひびく」、「違和感」が無い、または強くない

これらの状態が確認された場合、神経処置は終了し次の土台作りに入ることなります。
症状の経過によって期間にバラつきがあるために、医師の方でもいつ終わるのかを正確に読むことは難しいのです。

*まれに下の歯の神経を抜いた時、マヒが出ることがあります。
*この根の治療は必ず完璧に治癒するものではありません。