TOPへ戻る

麻酔

歯医者さんは「痛い・怖い」などのイメージがある方もいらっしゃると思います。 

タキザワ歯科クリニックは居心地の良い癒される空間で、表面麻酔や、電動式麻酔などを用い、できる限り痛みのない・不安のない治療に努めております。 またパルスオキシメーターで脈拍やSpO2を測定しながらすることもあります。

無痛治療の手順

当院で行っている麻酔の手順 (注射の手順) 

※激痛時は、治療後の痛みが予想されますので事前に痛み止め・抗生剤などを服用してもらいます。

1. 表面麻酔

針を刺す前に痛みを軽減するためにゼリー状の麻酔を2~3分 間、刺入点に置き、歯茎の表面を麻痺させます。
お子様にも安心です。

2. やさしい注射器(無痛の麻酔注射)

痛みを抑えるためには細い針のほうがよいのです。現在最も細いと言われる33ゲージを使っています。
静かに注入する最新ハイテク電動注射器の使用によりほとんど無痛の麻酔注射を行っています。

3. 麻酔薬カートリッジウォーマー

麻酔薬を体温と同じくらいに温めることで、液体を体内に入れる時の刺激を減らします。

4. テクニック

針がスムーズに刺せるように粘膜を引っ張り緊張させ、刺入点を指で圧迫した後、針を動かさずに歯肉を振動させて、一定の速度で薬液を入れることにより、さらに痛みを軽減します。

無痛治療に関して

最新の電動注射器を使用して、痛みの少ない治療を行っております。
痛みに弱い方、歯医者さんが怖いと不安に思われている方も、ぜひご相談ください。
タキザワ歯科クリニックでは、リラックスできる空間と、カウンセリング、痛みを軽減するための設備、器具、確かなテクニックをご提供いたします。
不安な点はどんなことでもお気軽にご相談ください。

無痛にするための当院のこだわり

身体には痛点が多いところと少ないところがあり、最初は痛点の少ないところや痛みのないところから刺入して、徐々に効かせたい所に麻酔していきます。

最初は針を浅く入れます。(いきなり針を深く入れると痛い)
針の刺し方

カット面の鋭いメーカーの注射針を使用しています。
(スムーズに刺入できる方が痛みが少ないため)

 

麻酔の際に使用する針について
注射針のカット面

当院の表面麻酔(刺入する前の麻酔)は長めに行っております。
麻酔の際に使用する注射針は超極細(33G)を中心に使用しているため痛みを感じずらい特徴があります。
患者様に麻酔を行う際には麻酔液を体液と同じ37℃にしており、刺入しやすいように粘膜を引っ張り、緊張させてから行ないます。刺入点を圧迫してから麻酔します。

カリソルブ(無痛虫歯治療薬)

削る量を少なくするため、削るのが苦手な人のために「カリソルブ」という虫歯の歯質を溶かす薬剤を使用しています。削らずに虫歯を除去する新しい虫歯の治療法「カリソルブ(無痛虫歯治療薬)」を導入し、歯科恐怖症、麻酔アレルギーのある方にも対応しています。

カリソルブ(無痛虫歯治療薬)について詳しく見る

3Mix-Mp法

3MIX-MP法は従来、神経を除去しなければならないとされていた深い虫歯(C3)に対する治療法で、神経を処置せずに、神経に近い部分の感染した歯質を一層残し3MIXを貼薬することにより、虫歯の無菌化を図り、歯の再石灰化を促し神経を保護する治療法です。

3Mix-Mp法について詳しく見る

麻酔アレルギーへの対応について

麻酔アレルギー対策のため、刺入する前に2~3滴、麻酔液をたらして様子をみてから刺入します。